リトルマーメイドをね、観たんですよ

ディズニープリンセスから縁遠く、ディズニープリンセスの画像に適当なポエムを付け加えたbotとそれに浸ってRTする人間が嫌いなタイプの女です、こんばんは。

学科の仲良しの子が「劇団四季のリトルマーメイド観に行こ!」と誘ってくれたので行ってきました。

普通に良かったです。とっととキスしろや。

 

ただ、議題はそこではなくて。

バイトを終えてから行ったとは言え、それなりに楽しみにしていたはずなんです。

それなのに、1幕はどこか遠い世界のように感じられて変な気持ちでした。「世界観が完璧すぎて入り込めない」とか思ってました(ひがみやんけ)。

でも2幕始まってからは違いました。カモメたちの見せ場で素直に拍手出来ている自分がいました。

最初はタップダンス好きだからかなと思ったんですけど、調理場のシーンもディナーのシーンもそれ以降終演までずっと素直な気持ちで楽しめたんです。

 

私は普通の人がたまに憎く見えます。前の記事で書いてしまったように自分が一度は社会から外れてしまったから。

「ディズニーは普通の人のモノ」という意識が先行して楽しめなかったのかなあ。

 

コンプレックスはまだまだ解消できていないけれど、2幕からでもこうして楽しめたのは大きな変化じゃないかと思います。

ツムツムでブライドアリエルを引いたのは運命だったのだ。

 

 

アリエルのウエディングドレスめっっっっっちゃかわいかったからあれだけでも観る価値あるよ。

 

 

 

劇団四季のカーテンコール何回も出てきてくれて笑ってしまった。でも、カテコ込みで時間通りに終わってたし、2.5とかはトリプルカテコがいつ終わるのか分からない中でスタオベもなく楽しめるのはありがたいなと思ったりもしました。ファミリー客も多かったので。あと、料理長の曲が正気の沙汰じゃない。)

(GWに実写とな怪観たけどあまりにもあんまりで死んでたら5月が終わってました。ファーストデーに恋雨を観て息を吹き返したので、そのことも今度書きたいです。)

 

近況とどうでもいい話

近況しか言葉を知らんのか?

文ストの特典小説を手に入れるためにかけずりまわるなどしていました。あと執行されました。
となりの怪物くんはまだ観れていません。シズクが泣いたのは自分の気持ちを全部吐き出して、それをハルに受け止めてもらった時だけなので予告を見た時点で「ちげーーーーーよ!!!!!」と思いました。
適当にアニソンプレイリストをシャッフルで聴いていたら、ワンダードライブが流れてなぜかとても切ない気持ちになりました。
去年の今頃は大変だったなあと思います。


紆余曲折を経て、ニートから大学生になりました。
バイトも始めたので帰宅してご飯を食べたのち、メイクだけ落として布団にインする生活をしています(さっき半月ぶりに湯船浸かったら最高だった)。
ついでに成人しました。
ずっと思ってるんですけど、成人向けのものは18歳で解禁されるのに女オタクが性的なものを投稿するためのアカウントのフォロー許可をおろすのに成人済であることを要求するのはどうしてなんでしょうね。


きっとどうでもいい話だけど、身の上の話をします。
私は高校一年生の時に諸事情あって三か月入院しました。
普通に日数が足りなくなって留年ということになったので「まあ頑張るか」と思ったんですけど、初日から嫌がらせにあって「う~~~~ん無理だな!!!!!」となったので高卒認定を取得しました。
通ってた高校は学区内でトップの県立高だったので何も考えずに大学受験の勉強を始めました。
ところがどっこい、ツイッターでリアル用アカウントのTLに流れてくるツイートを見て気が狂い始める。
「どうして私だけこうなんだろう」と世界を呪い始めます。
その後一年半世界を呪ったのち、中学生のころお世話になっていた人に助けてもらい大学受験に今度こそ挑戦しました。
センター過去問はいつも7割超えてたんですが本番に弱い性格もあって当日は6割という成績。
やるだけやったのでこれという後悔はなく私立に切り替えて、無事第一志望に通り今に至ります。


これまでの人生の中でつらい事はいくつもあったけれど、今は生まれて初めて「生きててよかった」と思えているのでそれだけで120点です(?)。
あと、以前は文字通り失敗を死ぬほど引きずっていましたが、今は落ち込みさえすれど後悔をすることがなくなりました。反省だけしてます。
自分を許すってすごく大事なんだなあと思います。生きてて楽。


特に何か変わったことはないけれど、楽しく生きています。

TVアニメ『アリスと蔵六』OPテーマ「ワンダードライブ」

TVアニメ『アリスと蔵六』OPテーマ「ワンダードライブ」

近況

なに……?何してたんだろう……?

ここ数ヶ月ちょっと駆け抜けていたので何してたのかよく覚えてません。

 

2017年5月

スタミュ有頂天家族アリスと蔵六観てたことしか覚えてない。

 

2017年6月

スタミュが終わってしまった。

色々もっと上手くやれたんじゃないのかなあと思うところは多々あったけど、月皇くん幸せになってという感想に終始しました。ちむらぎの天使・悪魔も見たかったよ…。

 

2017年7月

ちょっと環境が変わる。環境の変化に死ぬほど弱いのでメンタルが死んでたけど月皇くんのことを考えて何とか生きていました。

 

2017年8月

環境にだんだん慣れてきた。

明らかに色々ヤバいのを察してたのであんまり近づかずにいたアンシエント沼に落ちる。魚住朝喜結婚してくれ。あと円盤1枚しか積んでないのにスタミュfes当選したので10月幕張に行きます。

帰省してきた妹に彼氏がいることが発覚。姉は泣いた。年子なので会うとケンカしがちだけど近年の様子は穏やかでだいぶ仲が良くなったと思います。私への遅い誕生日プレゼントにコスメデコルテのアイシャドウをくれました。

 

2017年9月

魚住朝喜結婚してくれ。

色々ガリガリやっています。

誰にも相談できずにいた悩みをある人に泣きながら相談したら解決したとは言えないけれど心の整理がついたので大変良かった。ぐらつきがちなメンタルがだいぶ落ち着いた。

悩んでいたことと少し関係があるんですが、子どもが笑って健やかに育っていける世界にならないかなあと常々思います(アリスと蔵六観てて、羽鳥ちゃんが「わたしなんていなければよかった」なんて言い出した時はあまりにも悲しくて泣いてしまった)。

 

 

またしても変わったことは星5・星4鯖が増えたことくらいじゃないんでしょうか。あっでも少しポジティブになったような気もします。

とりあえず元気に生きていればいいくらいの気持ちで明日も生きていこうと思います。 

 

原作厨は心がしんどい

eiga.com


ツイッターでトレンドに挙がってたので「おっ二期か^^」とニコニコしてたら全然違いました。
なんか……なんて言ったらいいのか全然分からないんですけどとりあえず「恋愛モノ」だけにして終わらせられたらいやだなって思いました。キャスト陣まだクランクインすらしてないのにもう泣きそうだよ。
書いてる人的には菅田くんも太鳳ちゃんも好きです。

キャスティングについては劇中を見ないとやっぱり何も言えないかなって思うけどなんかすごく今いやな気持ちだ~~~~~~~~~~~~~~~。
私としては、もうコミックで世界が完結してるので「誰に演じてほしいか」ってきかれても答えられません。シズクはシズクだし、ハルはハルなのだ……。
あの全12巻(+1巻)を約1時間半にまとめてほしくない(そもそも綺麗にまとめられるのか?)。
原作に変な手が加えられたらどうしよう、とか不安で一杯です。未来が怖くて仕方ないとはこういうことなんだろうか…………。
言いたいことがたくさんあったはずなのに、いざ書き起こそうとしたらそのほとんどがどこかに消えてしまった。

応援してる俳優女優、アイドルに新しいお仕事が決まって「うれしい!おめでとう!」っていうファンの気持ちも分かるんです。分かるけど原作厨は死にそう。原作厨とキャストのファンが和解できた作品って図書館戦争くらいしか私知らない……。
菅田くんや太鳳ちゃんのファンには予習して観てほしいような気もします。ただ私が知っててほしいだけのワガママです。自分で書いてて殺してほしくなってきた。
となりの怪物くん」すっっっっっっっっごく面白いから読んで…………!!!!!!!!!!
少女漫画だけど内容は少年少女が成長していく様を描いてるので読後の充実感ハンパないよ!!!!!!!!!!!読んで!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

思ってたこと全然書けないし情緒不安定がすぎる。
封が切られて自分の目で映画を見た時、いまの杞憂が全部吹き飛んだならうれしいなあ。

近況

 

「誰も読んでねえだろハハハ」と思ってたら意外と見てる人がいてびっくりした。

今日も元気に生きてます。

 

2016年11月

11日にCEドームツアーに行く。楽しすぎて筋肉痛に。Perfumeはスパイスの頃くらいから追い始めたけど本当に良いものです。ヤフオクドームではファンからサプライズがあり、あ〜ちゃんがすぐに泣き始めちゃってわたしも泣きました。つられるからすぐ泣くのやめて〜〜〜!

戦国無双 真田丸が23日に発売。

月末から鬼のように忙しくなるのが目に見えてたので睡眠時間削りながらプレイした。

 超良かったです。でも出来ればフレーム数は下げないで欲しかった。カクカクすると目が疲れるよ。

次に新作が出る頃にはPS3が切り捨てられそうで心配です。

 

2016年12月

環境が少し変わって死んでた。環境の変化に死ぬほど弱い。

3月に家を出た上の妹が帰省してきたけど社会の荒波にもまれたのか何処と無くおりこうになっててお姉ちゃんはびっくりした。妹という存在は往々にして姉やら兄やらに横柄な態度をとるものなので本当にびっくりした。おまえ隙あらばわたしのこと罵倒してきただろ。

と思っていたら下の妹が反抗期に入り、理不尽な暴言を吐いてくるようになりました。プラマイゼロとはこのこと。

 

2017年1月

あけましておめでとうございました。

変わりなく忙しい。

刀ステ観れたので頑張れました。(なんで北九州だったんだよ……遠いよ……)夏の刀ステ福岡公演は今のところ予定としては空いてるけどキャメロットもあるので悩んでます。早く情報寄越せよキャメロット。以前マリンメッセにPerfumeのライブに行ったけどどうやって行ったんだっけ…?

 

2017年2月

究極に忙しかったけど結果としては報われなくてなんだかなあと思った。そういうことも世の中にはある。

中旬に母と喧嘩をしてよくお世話になってる親戚宅に行くという小学生のようなことをした。バレンタインが近かったのでチョコレートを買って行ったらえらくお返しのことを心配されて「そんなこと考えてくれなくていいのになあ」とちょっとやるせない気持ちになった。わたしがあげたいだけなんだから気にしないでよみたいな。

全体的に100点満点中40点みたいなしんどい月でした。アッでも黒執事の映画は100点満点でした。脚本・吉野弘幸にビクビクしてたんですけど本当に良かったです。

 

2017年3月

ACCAがすごく良かった。下野紘の演技の新しい一面を見たような気がする。ジョカゲの三好も良かったけどね。

クソみたいに雨が降ってる日に阿蘇に行きました。立野はまだまだこれからというところですごく切なくなった。

というのも2016年の3月中旬に旅行で南阿蘇に行って、そのちょうど1ヶ月後熊本地震が発生したので大変驚いたことを覚えてます。福岡に住んでるので当時はスマホからの地震速報にわりと怯えながら過ごしてました。

お昼は草千里で馬肉スタミナ丼を食べたんですけど最高においしかったです。またGWにでも行きたいなあ。

 

2017年4月

スタミュの2期が始まったので毎日楽しく過ごしてます。あと嫁ネロちゃまがきたのでニッコニコです。

のんびり過ごしてたらもう4月終わりそうで混乱。今後のことを色々考えながらも時間を無駄にしてる感があって胃が痛い。

 

 

半年間のことをざっと書き出したけど変わったことあんまりないな!星5鯖が増えたくらいだ多分。

次なんか書くまでの間に何かいいことがあればいいなあと思います。

 

「おんなのこきらい」を観た

※ネタバレするぞ

森川葵ちゃんはかわいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男に媚びを売ってチヤホヤされまくる女にムカつく映画かと思っていたけどそんなことはなかった。上映始まった頃からずっと観たかったけど私が住んでる地方でずっとやってなくて、つい先日なんか福岡の映画イベントに関連して放送されてたので観た。

 

キリコは男に媚びを売ってチヤホヤされるだけの女の子だけじゃなくて、「かわいい」に縛られて苦しんでるんだろうなあと思った。微妙に望んで縛られてるようなところもある。キリコがさやかにお酒ぶっかけて「私の方がずっとかわいい」って言ってたシーンはせやなって思った。キリコは生粋のメンヘラなんだろうけどさやかは似非メンヘラっぽさある。「私の方がずっと好きだし」も、さやかは色んな男の人と寝てるのに対してキリコはユウトとしか寝てないところとか恋に関してはとても一途なイメージ。あと自分がすっっっっごくめんどくさいのもちゃんと分かってる。頼むから幸せになってほしい。

幸太が最高にずるい(いろんな意味で)。お前キリコと一緒になってくれないならあんなに優しくするなよ!!!髪なんか切ってやるなよ馬鹿!!!!!ずるいオブずるい。あんなに優しくしてくれたのに恋人がいるなんてお前も結局同じか………………。しかし嫌いにはなれない。

ラストは原点回帰したのかな〜。女の子でいる以上「かわいい」から逃れることはできないのかもしれない。キリコは自分が何も持ってないから尚更「かわいい」にすがりつくのかも。タイトル的には「おんなのこきらい」ではなく「おとこのこきらい」みたいな。女の子に対する世間のイメージが嫌いなのかもとも。

テーマに関しては全体的にふわふわしてるので掴みきれなかった感じします。でもたぶん好きな映画。

 

 

 

 

 

人は生きたいから悩むのだ

 

 

自分をどう元気づけるか (WIDE SHINSHO 216)

自分をどう元気づけるか (WIDE SHINSHO 216)

 

 

 

 

あまりにもしんどい事が続いたのでたまたま図書館で見つけて読んだ。読み終わった後「本屋で買お」と思った。

 

個人的には自己啓発本は「うるせえ!!!!!!!」ってなるからあんまり読まない。自分がいかにダメかを突きつけられているような気分になってしまう。

だから見つけた時も「おっメンヘラ向けか?」って茶化すくらいの気持ちで読んだらとても参考になるような内容で「わたしたちが悩んだり不安を感じるのは自然なこと。」と悩む気持ちを肯定してくれるのが少し嬉しかった。

文中で「悩んだって答が出なかったり、なにも解決しないことで悩むのは下手な悩み方」とあって真顔でせやなって思った。目から鱗が5万枚くらい落ちたような気がする。ちょっと気持ちが楽になった。

 

そもそものPV数が少ないからこの記事読んで手に取ってみようと思う人がどれだけいるのかって話なんですけど個人的には超絶オススメしたい。